2011/06/26

本科コース 課題小物

昨日は、朝新聞を見てると
「パッチワークキルト展」が開催中とのこと。
この先生はたしか、野原チャック先生のスクールで習われたと記憶している。
宮谷真知子先生のキルトも2点展示してあるとの事なので
行ってみた。

当然ながら 撮影禁止!

あまりに大作ばかりで、ただただ感心するばかり・・・

布の販売もあったので、選んでいたら 
当番の人達のおしゃべり~が聞こえてきた・・・

しゃかしゃかした、しゃべり方
ハイソサエティそうな物腰
内情をよく知っているわよ・・・みたいなオーラがたくさん出ていて・・・

あーーー苦手だなあ~

私の通っている教室は、素人にケのはえたくらいの
非常にのんびり~とした教室です。
(先生は他にも教室を持っておられるので、土曜日のクラスに限った意見ですが)
好きなものを作って
先生も他の人もえらそうなところがなくて
非常に気が楽です。
私自身が がさつですので
高級な教室は似合いません(あっ先生に失礼かな(笑)
今の教室で良かった~と感じた1日でした。

ただ、テーブルがせまいので
できれば、もう少し広いスペースが欲しいですけど・・・

「日本手芸普及協会」本科コース 課題小物がひとつできました。

「ミックスT」のタペ

kyo2011-10.jpg

いろいろ不満はあるものの、
やっと終わってやれやれ・・・

やっぱりノッテル時に いっきに仕上げないと・・
いろいろと、ばらばらですー。


スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

こんばんわー

可愛く元気のあるミックスTのタペの完成、おめでとうございます。

むうぶさんが思うよりも可愛いと思いますよ。回りのオレンジのバイヤスも元気がですし
全体を引き締めていいと思う。

ちなみに私もえらそうなところがない先生だと(爆
お稽古は楽しく通えることが何よりです。お次はどんな作品を頑張っていくでしょうか?
とても楽しみだし私も勉強になります。
遠い地ですが応援していますよぉ~~むうぶさん。

わー♥
とみママさんに褒めてもらえると、
まんざらでもないタペに見えてきましたー(笑
本格的なパッチのタペは、これが初めて☆☆
これからも、無理しないように、
楽しんで進んでいくつもりでーす。
応援していただくと、うれしーい☆☆です。(^人^)感謝♪

ハイハイ♪♪ おります♪ おります~~♪♪
そうした先生~~

キルト展なんぞへ行ってみると 必ず数人の生徒さんひきつれて
この作品は 色の配置が~~とか パターンの大きさがーー
とか バランスが~~
なーーんて 能書き タラタラとのたまっている 先生が~~

うぅ・・・・??? パッチの本来の姿は
思い出深い生地を 皆で わいわい話しながら
新しい生地に甦らせて 再利用するのが 原点だったよね

皆で 楽しくお話しながら 手作業を楽しむ☆☆
そんな原点忘れてる人が 先生と呼ばれるのは????
なーーんて 思っちゃうのは 私ぐらいかな~~
どんなちっちゃな作品でも 作る人は 一生懸命作っているのに
本当に良い先生は 作る楽しみを伝えてくれる先生だよねーー

そうそう☆☆
だから、すっきりした大作よりも、
色とりどりの泥臭い作品の方が好きです。
でもそうやって組み合わせるほうが、結構難しいんだよね。

このタペの中にも、昔の洋服の生地がひとつだけ入ってるの。

私の先生は、みんなの作品、色合わせをいつも褒めるよ。
好みは人それぞれだから、作ってる本人が良ければ、それでいいよね☆☆